豊中市岡上の町4-1-23 レジデンスマロン参番館A号 06-6856-8666

パソコンスクール キュリオステーション 豊中店

CAD

CAD初心者が図面を見る(読む)ための基礎知識(7)

今回も引き続き、寸法記入について記載していきます。

寸法記入の原則、寸法記入の方法についてはこちら

 

寸法線の記入法

  • 寸法線を記入する際には、次のルールに従います。

 

  • 形体の中間部分を破断線を用いて省略した場合でも、寸法線は切断しない。

 

  • スペースが狭い場合には、寸法線を延長したり、逆方向の矢印を用いてもよい。

 

  • 寸法線はなるべく他の線と交差しないように描く。やむなく交差する場合には、寸法線を切断しない。

 

寸法補助線の記入法

寸法補助線を記入する際には、次のルールに従います。

  • 寸法補助線は、寸法線から寸法補助線の太さの約8倍の長さに伸ばす。

 

  • 形体と寸法補助線とのすき間を設ける場合、すき間は寸法補助線の太さの約8倍とする。

 

  • 寸法補助線は寸法を表す形体から垂直に引くが、必要な場合は斜めに引くこともできる。しかし、互いに平行に引くようにする。

 

  • 形体が交差する場合の形態の延長戦を描く場合は、交点から寸法補助線の太さの約8倍に延ばして引く。

 

  • 直線から円弧などのように輪郭形状が変化する領域では、寸法補助線は外形線の延長戦の交点から引く。

 

  • 寸法補助線は、線のつながりにあいまいさがなければ、切断してよい。

 

  • 角度寸法の場合には、寸法補助線を中心方向に引く。

 

アーカイブ